2016年06月29日

ホラーとスリラー

_0013868.jpg
_0013867.jpg
_0013866.jpg

『HORROR』
黄色い服のホラーパターン。
ご要望にお応えして、今回は血しぶき無しもあり。




_0013839.jpg
_0013842.jpg
_0013838.jpg
_0013844.jpg

『THRILLER』
スリラーといえば、キングオブポップ。
スイシーダのゾンビとツープラトンの狼男は是非セットで!




今日の『GR PHOTO』更新。



posted by ガレージ・レコード at 20:34| production record | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ニョロとゴング

_0013850.jpg
_0013851.jpg
_0013853.jpg

『NYORO』
艶消し蛍光イエローの腹オレ。
視認性優先なら絶対ニョロ!




_0013846.jpg
_0013847.jpg
_0013848.jpg

『GONG』
毎回物議を醸すゴングパターン。
ツープラトンの攻撃といえばダブルインパクト、ということです。
もちろん、あいつも仕込んでます!




by RH



posted by ガレージ・レコード at 21:55| production record | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

モンスターとメンワレ


先週末のレコーディングパル。
コテージに鳴り響くエビ工場長のいびきによる睡眠不足で昨日は更新できず!
ということで、今回は日程不足により2パターンずつのご紹介です。

_0013854.jpg
_0013859.jpg
_0013856.jpg
_0013857.jpg

『MONSTER』
四つ目のグリーンモンスター。
艶消しコーティング仕上げです。



_0013863.jpg
_0013861.jpg
_0013862.jpg
_0013864.jpg

『MENWARE』
蛍光オレンジお面の面割れパターン。
こちらも艶消しです。




今日の『GR PHOTO』更新。



by RH



posted by ガレージ・レコード at 22:06| production record | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

RECORDING PAL 2016


recording_pal_2016.001.jpg

recording_pal_2016.002.jpg

recording_pal_2016.003.jpg

recording_pal_2016.004.jpg


呑んで喰って、チョット釣りした週末。


皆さん、お疲れ様でした!






今日の『GR PHOTO』更新。




by PEYOTE EBI




posted by ガレージ・レコード at 21:46| production record | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

シューティング・フリスキー


shooting_frisky.001.jpg
『シューティング・フリスキー』。カラーはCRWS(イワナカラー)
目玉の位置はコッチが正解。




シングルスウィッシャーの出番ってどうですか?


最近の自分のパターンとしては、
スウィッシャーのファーストチョイスはダブルスウィッシャーが多いのですが、
場所や状況によってはシングルスウィッシャー(リアペラ)を最初に投入する場合も
もちろん有り得る訳です。ハイ。

ガレージレコードのシングルスウィッシャーには『フリスキー』がありますが、
水平浮きで足の長いスライドがウリの『フリスキー』はイメージ的にはペンシルベイト。

プロペラのアピールをプラスしたペンシルってのが、ボクの『フリスキー』に対するイメージ。


あと、ガレージレコードには『エルパボ』ってのもありますが、
そちらはイメージ的にはペンシルポッパー。

水面が荒れ気味な時やハイアピールしたい時に出番が多いルアーです。




シングルスウィッシャーって言われて、直ぐにイメージするのはヘドンのトピードでしょう。

ピンポイントでの首振りに、プロペラによる水飛沫のアピール。
さすがヘドン。良く出来てますね〜。

heddon_tp.jpg
ボクも各サイズ持ってますョ。


バリバリのトピード信者じゃなくても、
タックルボックスに1つは入れておきたくなりますよね。保険として。

ボクもその一人。




移動距離を抑えながら、喰わせにかかる時には必須になるルアーカテゴリー。


だから、

どうしても欲しかったんで、
今回、無理を言って『フリスキー』をベースにトピードタイプを作ってもらいました。

エビ監修という事で、
シューティングスタイルでの再構築モデルとしてね。




具体的な変更点は、

やや後方にウエイト位置を変更。
従来のモデルより尻下がりの姿勢に。

ショートバイト対策でトリプルフックチューン仕様に。
リアはフェザーフック搭載で、更にブレーキを掛け移動距離を抑える意味で。


ピンポイントでの釣力を更にアップしたつもりデス。


フリスキーの形状からくる、
早巻き時にボディが回りにくくする特徴はそのまま引き継いでいるので、
連続ジャークも気持ち良く行えます。

また、

ピンポイントを首振りで誘い、ポイントから離れたら即回収。
そして、次のキャストへ・・・。

なんて、時にも、
糸ヨレしづらいので手返し良く釣りが出来ますョ。




ピンの釣りに特化させた『フリスキー』。
『シューティング・フリスキー』をどうぞ宜しく!!






今日の『GR PHOTO』更新。




by PEYOTE EBI




posted by ガレージ・レコード at 00:42| production record | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする